めきぶら亭

「毎日楽しく生きる」をモットーに日々を過ごす、まっつんのチラシの裏日記的なブログです。

我が家の生き物について紹介しようと思い立ってみる【トカゲ編】

前回のブログ更新が一体何ヶ月ぶりだったんだと軽く戦慄しましたが、気が向いたうちに他の生き物たちも紹介しておきましょう。次はトカゲですね。

 

一人暮らしを始めて生活が落ち着いたら爬虫類を飼う!というのは長らく夢にしていた事なんですが、その中でもヘビを選んだのは活餌の虫を扱うのが嫌だったからなんですよね。勿論虫がダメっていう訳では無いんだけど、五月蠅いわ逃げるわ臭いわというのを実家で経験してるから気が進まなかった。

 

しかしどういう訳かヘビ飼育開始から半年でレオパの為にコオロギ飼ってる自分がいるんだから慣れって怖い。あとは芋ヅル式にあれよあれよと昆虫食の生き物達が、決壊したダムの水のように我が家に舞い込む事に。

とは言えトカゲは2種しか飼っていないこと、うち1種は個別に紹介記事を書きたいと思ってることもあって前回の蛇よりボリューム少な目になります。

 

 

サキシマカナヘビ

f:id:mattsunkun:20171117013223p:plain

去年の西表島旅行で自分の心を一瞬にして奪い去った、極彩色の樹上棲トカゲ。

国産カナヘビの最大種で全長30cmに迫るものの、その3/4は尻尾が占めるため数値ほどの大きさは感じないかも。

コイツが例のいずれ個別に紹介したいトカゲなのでこちらでは触れ込み程度で。と言うのも

 

f:id:mattsunkun:20171117013423j:plain

オスが来て

 

f:id:mattsunkun:20171117013853j:plain

メスが来て

 

f:id:mattsunkun:20171119194712j:plain

子どもまで増えてしまったからですwww

現在で既に10を超える数の卵が我が家で孵化し、その多くが順調に成長してます。数匹はお世話になっているショップ様へ引き取って頂きましたが。

尤も繁殖は偶然上手く行っただけで、個別記事でも詳細を書く気は皆無です。完全に我流故に間違った知識を発信してしまっては元も子も無いので。

 

f:id:mattsunkun:20171119195338j:plain

話を紹介に戻します。

まず我が家の生き物と大きく異なるのが色鮮やかな躰、そして樹上棲という生態。

その性質上、上下運動を活発に行い植物への依存度が非常に高いので、我が家の生き物で唯一観葉植物を用いたレイアウトで飼育してます。

変な人に叩かれそうな言い回しですが、非常によく動くのでインテリア性も高い生き物だと思います。部屋の電気を消して水槽のライトだけ点け、コイツらを見ながら飲む酒もなかなかオツなもの。

 

f:id:mattsunkun:20171119200818j:plain

前述した通り体長の殆どを尻尾が占めるため頭も小さいです。そのため餌の工面が多少面倒で、具体的にはコオロギのMサイズが快適に食べられる上限(だと思う)。

オマケに燃費も悪くレオパや蛇のように絶食に耐えられないので、小まめな餌の供給が必要不可欠。間違いなく我が家で最も手の掛かる爬虫類でしょう。

そんな人がどれ位いるのかは置いといて、「爬虫類は世話がラク!」という予備知識でいきなり本種から入ると面食らうかも。でも愛があれば何でも出来る。

あ、「〇〇の方が大変だからww」という手の謎自慢は聞いてないです。

 

f:id:mattsunkun:20171119200154j:plain

ぐーすか。皆で身を寄せ合って寝る姿は非常に可愛いです。

 

f:id:mattsunkun:20171119200231j:plain

その寝相は死んでるのかと勘違いするからやめて。

 

f:id:mattsunkun:20171119200731j:plain

ぺろーん。

意外と表情豊かでおもろい。現在親含め6匹を管理中なので、いずれは累代飼育にも挑戦できればと思ってます。とりあえず詳細はいつか書くかもしれない個別記事にて。

 

 

ヘリグロヒメトカゲ

f:id:mattsunkun:20171119201337j:plain

沖縄をはじめとする南西諸島に棲息する日本固有種のトカゲ。サキシマカナヘビと対照的に地表棲で、地中に潜ることも非常に多い。

その長さで意味あんのかと言いたくなるような短い脚が特徴で、イメージ的にはニホントカゲとカラカネトカゲの中間というか、アオジタトカゲを縮めた感じというか。

同じスキンクの仲間であるモモジタトカゲもやることなんですが、時折後脚を胴体にピタッと付けてヘビのように這いずる事も。脚の存在意義とは…

 

f:id:mattsunkun:20171119201535j:plain

しかしまあ地味な生き物だこと(褒め言葉)。

このウルウルの眼が可愛いんだけど、話によると瞼の一部が透明で眼を瞑っていても外が見えるんだとか。何それ便利。

よく潜るので姿が見えないことも多いけど、俊敏な動きで器用に餌を喰うので飼っててなかなか楽しいです。飼育データがかなり少ないのが気掛かりですが、どれ位生かしてやれるかが今後の課題。

 

 

 

さて次は奇蟲とその他になります。ここでは何一つとして紹介していない生き物達が目白押しなので乞うご期待。