読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めきぶら亭

「毎日楽しく生きる」をモットーに日々を過ごす、まっつんのチラシの裏日記的なブログです。

生存報告

前回の西表島旅行記の更新から約一ヶ月が経過していた事に今更気付く。

仕事も遊びも色々と予定が入っていて多忙気味だったので更新をサボっていましたが、私は元気です。 

 

しかしいきなり続きを書き始めようとしても、久々にやると思い通りに進まない。

そこで今回は箸休め的な記事として、未だブログに登場していないペットたちの紹介でもしようと思います。

 

 

 

アルゼンチンレインボーボア

f:id:mattsunkun:20160818235700j:plain

その名の通りアルゼンチン原産のニジボアの一種です。

他のニジボアと同様体表が虹色に輝くんですが、それらと比べてギラつきは弱め。そのため地味な印象がありますが、パイソンとはまた違った顔付きや、コロ虹よりはハッキリとした模様など個人的には魅力も盛り沢山。

何よりもボアの中でもかなり小型で、飼育どころか繁殖まで特大プラケで可能というのが最大の魅力。この辺りは先住のチルドレンパイソンと同じ利点ですね。

mattsun.hatenablog.jp

 

ケニアサンドボアやロージーボアも同様に小型ですが、顔付きや模様、体型に至るまで全然異なるので差別化は充分出来ていると思います。

 

f:id:mattsunkun:20160818235938j:plain

6月にブリーダーの方から譲って頂いたのがきっかけで、産まれて最初の脱皮を終えたサイズでお迎え。この時の体重は20数g。

生後間もなくとも力強く獲物を締め上げ丸呑みにする様は、さすがはボアと言った所か。こんなに小さいにも関わらず、既にアダルトコーンスネークよりも立派な噴気音を立てるのにも驚き。でも咬まない。かわいい。

 

f:id:mattsunkun:20160819000347j:plain

我が家にいる蛇たちには無い猫目がチャームポイント。

現在は60gにまで急成長。食欲旺盛でハンドリングも全く問題ないので、このまま順当に育ってくれればと思います。

 

 

 

ソメワケササクレヤモリ

f:id:mattsunkun:20160819000718j:plain

f:id:mattsunkun:20160819001055j:plain

マダガスカル南西部固有種の地表棲ヤモリ。今回は♂♀ペアでのお迎え。

飼い方はほぼレオパと同じでいいことや順応性が高く丈夫なことから、レオパには劣るものの人気のあるヤモリだそう。

しかし本種の最たる特徴は、間違いなく繁殖力の高さに尽きます。

 

f:id:mattsunkun:20160819001229j:plain

なんと持ち腹だったらしく、お迎え後5日にして産卵を確認。

その10数日後には更に続けて産卵し、現在3個の卵が孵化待ち。

無精卵の可能性もありますが、最初の卵はどうやら有精卵らしいので続く2個も同様だと思われます。しかしこれだけ産卵すると恐らくかなり体力を使っているので、期待と同時に不安でもある。少なくとも向こう数か月♂と♀は隔離、しっかりと体力と栄養を蓄えて貰いたいと思います。

 

 

ニホンアマガエル

f:id:mattsunkun:20160819001408j:plain

100円で売ってたので買ってきた、何の変哲もないアマガエルです。

中古水槽、ホムセンの観葉植物と土を合わせても500円で飼育設備が整えられた激安ペットでもあります。

f:id:mattsunkun:20160819001546j:plain

しかし侮ることなかれ。分かり易く綺麗な緑色、愛嬌のある顔や仕草、そして日本原産故の丈夫さなど外国産のツリーフロッグにも全く見劣りしない程魅力的。

小さいのでやや餌に難儀する点は否めないが、冷凍コオロギに容易に餌付くのでやはり飼育のハードルは低い生き物でしょう。

大学時代に約3年ほど野生個体を飼育していたので、同じくらい生きればいいなと思いつつひっそりと飼育中。

 

 

 

これで現在飼育する生物は全てブログで紹介できたので、次回はいよいよ西表島旅行のレポになります。

f:id:mattsunkun:20160819001916j:plain

2日目はいよいよ沖縄県で最大落差を誇る滝、ピナイサーラの滝へアプローチ。

やはり非常に多くの動植物が見られたので写真も文もマシマシになる予定。ダラダラ書き綴っていくのでしばしお待ちください。