読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めきぶら亭

「毎日楽しく生きる」をモットーに日々を過ごす、まっつんのチラシの裏日記的なブログです。

2016/3/13開催のイベント「ブラックアウト」に行ってみた。

さて、先日は東京・浅草で開催された「ブラックアウト」に行ってきました。

何それ?と思われる方もいるかもしれませんが、公式で「昆虫・爬虫・珍獣フェア!」と謳っている通り、それらの生き物が中心の即売会です。

以前にも幾つかイベントに参加してますが、今回のものはそれらよりも規模は小さめ。

その代わり、年間の開催回数が多いです。

 

⇩以前のイベントたち⇩ 

 

 

本イベントの特徴として、元々は昆虫のイベントだったという事もあり、昆虫の販売店舗数が多い。サソリ・タランチュラ等の奇蟲は勿論だが、ゴキブリを扱う店があんなに多いとは思わなかった。

中には「これ台所で見た事ある!」と言いたくなるようなビジュアルの種も(愛好家の方、すいません)。

そして珍獣フェアと謳う割には、珍「獣」は少なかったような気がします。リスザルがいた位で。ハリネズミやフクロモモンガを入れると相当な数にはなりますが。

 

 

総じて、東レプ・冬レプと比較して店舗数・商品数・会場の規模は及ばないものの、より「マニア向け」なイベントだと感じました。

寧ろ大型イベントに出店しないような小規模のブリーダーさんから、かなり安く購入できる可能性があるので、初めての1匹を購入したいと考えているビギナーさんにもお勧めなのではないでしょうか?どのお店も親切に飼い方をアドバイスして下さります。

 

 

残念ながら前回の東レプ・冬レプのレポと違い、今回のレポは画像は無し。

と言うのも、今回は特に生体を買う予定が無かったのだ。

欲しいのは沢山いましたけどね。アフリカチビネズミとか、ミロスユウダとか、レオパのハイポタンジェリンとか…

そのため必要な用品の購入と、気になる生体の下見で終わってしまったという訳だ。

必要だったのはレオパ用の今より大きいシェルターと、温度計の2つ。

それらは無事購入したし、お店もゆっくり見られたから帰りましょう。

 

 

f:id:mattsunkun:20160314004827j:plain

今回は特に生体を買う予定が無かったのだ。(二度目)

いや、アルバーティスパイソンなんて買ってないですよ?

お店に26000円寄付したら、お礼に下さっただけで…

 

 

 

 ええい、白状します。買いました。

 

 

今回のイベントに、高円寺の「エンドレスゾーン」というお店が出店されてまして。

過去の記事でも紹介してるメキブラのレイと、アジアンフォレストスコーピオンはこのお店で購入したんですよ。なので物色がてらご挨拶に行ったんです。

 

 

そしたらビバリウムガイドの編集長・富水明氏が売り子さんをやってるじゃないですか。

twitterで把握してましたけど。

 

 

 

びっくらこいてお店の生体を見てたら、

 

 

 

「アルバ行っちゃう!?」

 

 

 

富水氏からまさかのお声がけ。

この蛇、以前にも飼いたいと思ったことはあるものの、大きくなること、そして何より性質の荒さを理由にずっと敬遠していた。

しかし、蛇のプロである氏の話を聞き、想像していた程とんでもないものではない事を知ったので、とうとう購入に踏み込んでしまった訳だ。

しかし、お話して楽しかったのは勿論、勉強になることばかりでした。

ありがとうございました。そして、売り子さん1日お疲れさまでした。

 

 

 

 

いやでも、調べれば調べる程とんでもないんですけどね実際。

但し今回購入したのはまだまだ小さいべビー。

「このサイズから馴らせていけば、ある程度は信頼できる」とのお言葉を頂いたので、なんとか頑張ろうと思います。

 

問題のアルバーティスパイソンについては、また後ほど。