読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めきぶら亭

「毎日楽しく生きる」をモットーに日々を過ごす、まっつんのチラシの裏日記的なブログです。

「魚」に「春」のサワラは冬でも旨かった。

ペット

食用魚として一般的だが刺身を食べる機会が少ない魚、というのは実は結構多かったりする。その中の一匹がサワラだ。

              f:id:mattsunkun:20151118185739j:plain

 サバやブリの陰に隠れがちなこの魚だが、個人的にはかなり好きだ。と言うのも

  • クセの無い白身で刺身は勿論、塩焼き・西京焼き・煮付け・酢〆、フライ等何にしても旨い汎用性の高さ
  • 産卵後以外であれば基本的にいつでも旨い旬の幅広さ
  • 比較的安価で購入できる手軽さ
  • 防波堤からでもルアーで釣れる身近さ
  • 魚食性らしく力強くカッコいい顔

と、評価できる点が非常に多いからだ。最後のはあまり理解されないが。

上記の画像は11月末に境港で釣り上げた50cmの若魚で、所謂「サゴシ」と呼ばれるサイズのもの。塩焼きとフライで食したが、冬で脂が乗っていたためか甘みのあるフワフワの身で非常に旨かった。翌日横浜まで帰る予定だったので、手間と時間の問題で刺身と酢〆は見送ったが、後にやっぱり食べておけばよかったと後悔。

但し生粋のフィッシュイーターであるサワラは寄生虫保持率が非常に高く、捌いていたらアニサキスやサナダ系の寄生虫が大量に出てきたなんて事も多々あるそうなので、生食するなら自己責任で行いましょうね。サワラに限った話ではないけど。

 

そしてそんな中、買い出しをしていたら魚屋でサワラのタタキを見付けたのだから買って来ない訳がない。何気にタタキを食べるのは初めてだった。

 

     f:id:mattsunkun:20151118200643j:plain      

サワラは身が柔らかく身割れしやすいので、上手く切らないとこのように分厚くにしか切れないため注意。皆さんもサワラを切る時は切れ味の良い包丁を使いましょう。

改めて見ると全然旨そうに撮れていませんね。

 

ワサビ醤油で食すと、まず感じられる炙った皮目の香ばしさ、それに続いて上品な甘みが口いっぱいに広がる。タチウオなんかと同じで皮と身の間に旨味が詰まっている魚なので、皮を引かずとも口に当たらないこの食べ方はかなりマッチすると思った。勿論ワサビとの相性も良いが、薄造りにして薬味をたっぷり乗せてポン酢をかけたり、しゃぶしゃぶにしたりしても堪らなさそうだ。

 

そうこうしている内にペロっと一冊完食してしまった。

釣りたてには及ばないが、久しぶりに食べたサワラはやはり旨かった。

そろそろ冬が旬の連中が旨くなりだすので、カサゴやカワハギ辺りを拉致しに釣竿持って出掛けようかな。