読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めきぶら亭

「毎日楽しく生きる」をモットーに日々を過ごす、まっつんのチラシの裏日記的なブログです。

ヒルナンデスでも紹介された「東京スネークセンター」に行ってみた。

先日の出勤時、アルバイトさんが

「この前TVで蛇カフェっていうの紹介されてたよ!」

と、にこやかに報告してくれた。

裏でどう言われてるかはさておき、変わった趣味を持つ自分に対してこういう報告をしてくれるのは嬉しいですね。

 

 

そんな訳で行ってみた。

その名も「東京スネークセンター」である。

JR原宿駅から歩いて5分程にある、サンポウ総合ビルの8Fに入ってます。

f:id:mattsunkun:20151026222110j:plain

入口はこんな感じで、パッと見カフェには見えないかも。

店に入ると早速スタッフの方が説明をしてくれた。

大まかなシステムとしては、

 

・入場料1000円でワンドリンク付き

・テーブルに1匹、ケージが入った状態の蛇をアテンダントとして置いてくれる。

 混んでいなければ途中交代も可能。こちらの蛇は触れ合いは不可。

・蛇との触れ合いは別途500円で、その日に可能な子から2匹選ばせてくれる。

 

といった具合。

因みにテーブルに連れて行ける蛇は入ってすぐ左に

f:id:mattsunkun:20151026223350j:plain

こんな感じで出勤(?)していた。

蛇嫌いがみたら卒倒しそうだ。尤もそういう人間は来ないだろうが。

全部で43匹もの蛇がいるそうだが、体調や給餌、脱皮前後を考慮して大丈夫そうな子を

選別しているそうだ。

まず初めにその中から選んだのが 

f:id:mattsunkun:20151026223855j:plain

ブラジルレインボーボア。

ブラジル原産のニジボアの一種です。何の説明にもなっていませんね。

スタッフの方がテーブルに持って来てくれた時に、ふとこんな会話が。

 

 

ス「お客さん、家でも何か(蛇を)飼われてますか?」

 

俺「あ、はい。2匹ほど。」

 

ス「そうでしたか、こちらの蛇はそういった飼育されている方の指名が多いんですけど、そうでない方からの人気はあまり無くて・・・」

 

確かに殆ど動かない、色が毒々しいと来たら好き者以外のウケは良くないかも。

ニジボアの中では派手な模様、虹色の光沢を持つ鱗、厳つい顔、猫目と結構好きな蛇なんだけどな。

因みに、後で店の蛇の人気投票結果を見たら36匹中32位だった。

そうこうしてる内にコーヒーが到着。

それだけでは物足りなかったので、追加メニューも注文してみた。

f:id:mattsunkun:20151026225125j:plain

こちらが「今日のケーキ」540円也。

メインのマロンケーキが美味しかった。

ヘビ型のビスケット、通称「ヘビスケ」とヨーグルトアイスも付いており、こちらも美味しく頂きました。

画像を見て頂いた通り、

このように好きな蛇を見ながらスイーツ()を食べ、お茶にするのがこのカフェの醍醐味である。たぶん。

状況を知らずに画像だけ見ると明らかに蛇が浮いているが気にしない。

飼っている人間からすれば日常の光景とあまり変わらないが、

「可愛い柄の蛇を見てみたい!」「飼いたいけど餌がちょっと・・・」という人には

願ってもない環境だろう。

 

 

 

せっかく来たので、触れ合いも試してみた。

まず1匹目。

f:id:mattsunkun:20151026230746j:plain

ジャングルカーペットパイソン。オーストラリア原産のニシキヘビの一種。

模様とか迫力のある顔とかの外見は凄く好きなんだけど、それなりに大きくなる種類だから手が出せないので、こういう時に触らせて貰わないとね。

太さがある分、持った時の重量感も長さの割にはずっしりしていて、

肌触りももっちりすべすべでいい感じ。

 

 

続いて2匹目。

f:id:mattsunkun:20151026230648j:plain

ジャングルコーン。

コーンスネークカリフォルニアキングスネークを交配させた混血種。

存在は知っていたけど、生で見たのは初めてだった。

毎回思うが、野生下で蛇を食べるカリキンを他種の蛇と交配させるなんて、最初に考えて実行した奴はトチ狂ってると思う。

そしてよくもまあ、属単位で違う蛇と交配が成功したよなあ・・・

ここの子は見た目も肌触りもコーン寄りでした。

 

 

この日は空いていたので、ご厚意でもう1匹選ばせてくれた。

f:id:mattsunkun:20151026232152j:plain

リコリスラットスネーク。この店の一番人気だそうだ。

ケージにいた時は活発だったにもかかわらず、ハンドリング中は大人しい。

なるほど人気が出るのもわかる気がした。やっぱり動く子の方が見てて楽しいよね。

なお触れ合いは1匹につき10分程させてくれたが、これはその日の混雑状況によって変わるかもしれない。触られすぎてもストレス溜まるだろうしね。

 

そして最後にテーブルのボアをこちらの子に交代してもらった。

f:id:mattsunkun:20151026233308j:plain

クナシリアオダイショウ。

国後島に生息する青大将です。何の説明にも(以下省略)

生まれて初めて捕まえた蛇がアオダイショウなので、なんというか愛着がある蛇。

渋い体色に可愛い顔付きと、改めて見るといい蛇だなあ。

以前アオダイショウが3900円の特価で売られていた時は真剣に購入を考えてしまった。

 

 

そしてコーヒーを飲み終え、お会計を済ませ帰路に着いた。

店も綺麗でスタッフの方々も優しく、楽しい時間を過ごせました。

気になっていたサンフランシスコガータースネークやタカサゴナメラがこの日はテーブルで見られなかったのだけが残念。

マニアの方々の中にはラインナップに物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、

蛇を触ってみたい!見てみたい!という方は是非一度、足を運ばれてみては如何でしょうか?

 

 

~おまけ~

お会計時、こんなものを頂いた。

f:id:mattsunkun:20151026235652j:plain

「当店のポイントカードです。

2匹の蛇が完食しますと、触れ合いが永久無料になるキングコブラカードを差し上げます!」

 

発想とマウスのハンコにセンスを感じた(笑)

つかこんなにポップな捕食は初めて見たよ。

グダグダだったけどおしまい。